×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自動車サーフ

自動車サーフ宮城

車を売る奴に

結局売れない人は戦車と雑用しか仕事がありません。車を売る奴には販売に関わるデスクワークが発生して、トントンすくすくなるだけなのです。売れない奴は毎日単純な仕事の事に将来の不安を覚えて売れる人は仕事の多さに悲しくなって独立を考えたりします。社員教育にこそ熱心でないことや、将来の展望が全くなない経営者のあり方に失望して、去っていくのです。それでも、経営者たちというのは人材に対する必要な設備投資を全然考えてはいません。一つの企業でもいいので、新車メーカーや中古車業界をリードして、東証一部に文の角出るような中古車ディーラーが現れないかと思っています。日本の経済に心に立っているのが、新車メーカーのトヨタ事情だなのですから、中古車業界ももっと頑張れると思うのです。

テンロクのクルマが好き

テンロクのクルマが好きです。
古いところではベレット1600GTR、同じくイスズの117クーペ(PA90型)、トヨタ1600GT(4と5がありましたね)、ニッサンではSP311型のフェアレディやシルビア(初代)などがありました。

 

その他国産車では、27型以降のレビン・トレノ、ミツビシのGTO(MR)&FTO(GSR)、外車では、英車のロータスエラン&ヨーローッパを筆頭に、イタ車では、アルファロメオ・ジュリア・スプリントあたりかな?同ザガートも綺麗なクルマでした。
でもいろいろある中、私の一番のお気に入りは、何といっても、アルピーヌA110-1600S(本当は1300Sがベストですが・・・)です。

 

何度か現物を拝見しましたが、何て小さいんだと思ったものです。
12気筒で、500馬力、600馬力が当たり前の昨今ですが、このクラスの魅力的なクルマが出ないですかねぇ?ECO重視だからこそ、V型12気筒・5リッター・600馬力なんて非現実的なスーパーカーでなく、軽量な車体にそこそこのパワーのクルマを造った方がいいんじゃないかなぁ。
いまの車を売ることにして、このクルマ買っちゃお。

 

ただエア&オイルフィルタもやってるんで、電気自動車ばっかしの時代になっちゃうと少し困るかな。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ